すき焼きと牛まぶし ももしき

Blog

2020/06/02 14:51

「大和牛」は、歴史に培われた環境と恵まれた気候風土に育まれた、

やわらかな食感と上質な味わいが楽しめる黒毛和牛です。

その歴史は古く、鎌倉時代からはじまったといわれています。



百石木では、生産地のひとつ、宇陀市で15年ほど前から大和牛の飼育に携わってきた「金井畜産」さんより仕入れています。

飼料は、大和郡山市にある「三木食品工業」のおからや規格外のもやしを配合した独自のものを使用。

「ふかふかした食感は、牛たちも喜んで食べてくれます。」と金井牧場長。



また、のんびり屋にみえる牛ですが、群れの中での上下関係は厳しいようで、

「実は牛はケンカしやすく、力の弱い牛はえさ場に寄りつけないこともあります。


だからスタッフがこまめに見回り、どの牛もたくさん食べて、快適に過ごせるよう、

体調はもちろん、精神的なケアも怠りません。」と、

牛たちがリラックスできる環境づくりが大切だと教えていただきました。


きめ細かな肉質と脂に甘みを蓄えた、奈良のブランド牛「大和牛」をぜひどうぞ。






ブログトップへ
Copyright © すき焼きと牛まぶし ももしき. All Rights Reserved.